社長メッセージ

二次元の世界に多次元の価値をこめて,未来のドキュメント・コミュニケーションを見つめます。

渡辺青写真が誕生したのは、戦後間もない昭和22年のこと。お陰様をもちまして平成29年に創業70周年を迎えることが出来ました。創業以来、長きに渡って青写真、複写、印刷、ドキュメン卜制作、製本などの業務を中心に、さまざまな企業の活動を側面からサポート、確かな信頼関係を基本とした事業活動をとおして、地域経済と人々の豊かな生活に貢献してきました。
いま、時代は大きく動いて、IT化が進み、AIやIoTといった新たな技術が加速度的に進歩する超情報化社会。私たちはこのハイテク化、デジタル化の時代だからこそ、”人”の持つ確かなサービスと豊かなハートを大切にしていきたいと願っております。
もちろん、設備の充実も図り、常に先端のハードを追求し、単にそれらを駆使するというだけでなく,そのチカラをビジネスの現場で活躍する人々に最も身近なものとして提供していきたい。あくまでも正確に、どこよりも的確に、もっと素早く、もっと柔軟に、ユーザーのニーズに100 %応えながら、ユーザーとともに次なる情報化社会を担っていきたい。それが、私たちの願いです。
平成14年に品質マネジメントシステム。平成28年に情報セキュリティマネジメントシステムを導入し、確かな品質と厳しい情報管理のもと、お客様、地域の皆様方はもちろん、社員からも信頼される企業となるべく活動しております。
”紙面”とは、いうまでもなく平面の世界。しかし,その二次元の世界に、さまざまな情報が込められるとき、それはかつてない多次元の価値を持ち始める。渡辺青写真は、そうした活動をとおして、未来のドキュメント・コミュニケーションの創造をめざし続けます。